Wordpress

ワードプレス(サイト)が急に重たくなった…そんな時はP3 (Plugin Performance Profiler)で原因を調べてみよう

更新日:

先週、運営しているサイトが急に重くなりだした…

502エラーや504エラーが頻発。

ワードプレスの管理画面も動作が遅いため、全く作業にならない状態だった。

 

現在レンタルしているサーバー(コアプレスクラウド)に問い合わせると、PHPのプロセスがマックスに達しているため…サイトに悪影響が出ているとのこと。

PHPのリミットをリセットしてもらい、一時的に解決するが、またすぐに重たくなる(汗)

どうやら…プラグインに原因があるようだ(汗)

最近追加したプラグインと言えば…

・Post Snippets

ワードプレスの投稿ページや固定ページに、PHPコードを直書きできるようになるプラグイン。

どうしても投稿ページにPHPのコードを挿入したかったので追加していた。

 

このプラグインが原因なのかなー?

いちいち、プラグインを停止したり、有効化しながら試していたらキリがない。

サイトに、どのプラグインが悪影響を及ぼしているのか調べる方法はないのかなーとググっていたら、あるプラグインを見つけた。

 

それが今回紹介する「P3 (Plugin Performance Profiler)」。

f:id:YAMAKYO:20161123173827j:plain

使い方はいたって簡単

 

プラグインを有効化し、ツール⇒P3 Plugin Profilerをクリック

f:id:YAMAKYO:20161123172248j:plain

 

現在使用しているプラグイン数が表示されるので、「Start scan」をクリック。

f:id:YAMAKYO:20161123172251j:plain

 

「Auto Scan」をクリック

f:id:YAMAKYO:20161123172250j:plain

すると、結果が表示されます。

(※すでにPost Snippetsを削除した後なので、結果のキャプチャを載せることができなくてすいません(汗))

 

他に似たようなプラグイン「PHP Code for posts」がありますが、このプラグインも重たかったですね。。。

PHPを直書きするプラグインは重たいので使わない方が無難かも…?

 

あとは、「Jetpack」も重いので、よっぽどのことがない限り使わない方が良いと思います。

 

結果…Post Snippetsを削除することにより、502エラー504エラーが出ることはなくなりました。管理画面もスムーズです。

 

みなさんも、急にサイトが重たくなった時は、P3 (Plugin Performance Profiler)で原因を調べてみると良いかも知れません。

 

Wordpressテーマランキング

Divi

Affinger4

OPENCAGE

-Wordpress

Copyright© ちょっとだけワードプレス , 2017 AllRights Reserved.